IPO当選のための穴場証券会社
マネックス証券   カブドットコム証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
IPO(新規公開株)をご存知でしょうか。


IPOとは簡単に言うと、儲かる可能性が高い株式投資です。


IPOで利益が大きなものといえば、2006年に上場した、比較.com(2477・マザーズ)です。


その時IPOに当選した人は、45万で比較.comをゲットしました。
そして、上場日には、 270万の初値がつきました。


税金・手数料を引いても、一気に200万以上の利益が手に入ったわけです。


これは極端な例ですが、IPO投資は「儲かる」という噂が一気に広まり、
当選確率は非常に低いものとなっています。


では、あなたがIPO株を手にするにはどうしたらいいか?


実は方法は簡単なことなんです。


1:証券口座をたくさん開く(申込みチャンスが増える)

2:申込みをマメに行う。


これだけです。


証券口座を多く持ち、申込み回数を増やせばIPOは当たります^^/
割当数が少ない、穴場証券会社での申込みが結構重要です!
IPOの割当は少ないですが、申込み人数自体が少ないので、
大手より当選確立が高い場合があるんです。


口座開設していないところがあれば、
時間のある今のうちに資料請求し、開設しておきましょう。

IPOのスケジュールが決まってからでは、応募に間に合わないことが多いです。
口座開設は無料です。





もちろん野村証券・日興証券・大和証券・みずほ・三菱UFJなどの大手証券会社も開設しましょう。


とにかく口座開設をたくさんすることです。
そしてしっかり抽選に申し込んで行きましょう。
IPOしかやらなくても、証券会社から怒られることはありません(笑)


IPOは

「誰でも出来る」

「リスクの少ない」

投資法です。


私自身、年間100万を目指して、日々IPOを申込み続け、
2005年、2006年と目標を達成できました。


2007年は地合いが悪く、一発で大きく儲けられる銘柄がほとんど無かったので、
一度はIPOを辞めようかと思いましたが、銘柄を厳選して申込みまくった結果、
年間で約60万程度の利益を出すことが出来ました。


こんな感じで、
2005-2007の3年で、IPOだけで300万の利益を得ることが出来ました。
やったのは、口座開設と、マメな応募、それだけです。



2008年は、また年間で100万円稼げるようにがんばっていきます。^^



【2007年IPO当選銘柄】 獲得金額:約 60万円
ウェブドゥジャパン ・ FCM ・ ODKソリューションズ ・ ネクストジェン
チャイナ・ボーチーX3 ・ タケエイ ・ 山王 ・ 地域新聞社 ・ スタートトゥデイX2



【2006年IPO当選銘柄】 獲得金額:約 150万円
岩井証券 ・ テンプスタッフ ・ アルペン ・ メディアグローバルリンクス ・ 
エムケーキャピタルマネージメント ・ システムディ
アストマックス ・ ビッグカメラ ・ スターマイカ ・GCAX2
共英製鋼 ・ VSN



【2005年IPO当選銘柄】 獲得金額:約 120万円
丸製 ・ ジュピターテレコム ・ 日本テレホン ・ ソフトクリエイト ・ オンリー
パシフィックゴルフ ・ ソニーコミュニケーションネットワーク





スポンサーサイト
2016.08.05(10:21)|IPO必勝法ブログの説明コメント(27)TOP↑
IPOカテゴリー
プロフィール

ゆーせい

Author:ゆーせい
年齢:37歳
職業:自営業


投資スタイル
IPOのみ

2004年からコツコツIPO(新規公開株)を申込み続けています。
ハズれてもお金がかからないので気にしません。
あきらめず申込みしていきたいと思います

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。