IPO当選のための穴場証券会社
マネックス証券   カブドットコム証券
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
JBイレブン、中華専門店を多業態展開


 中華料理の専門店を中部地区で6業態47店舗運営している。主力業態はラーメン専門店「一刻魁堂」。郊外立地で座席数100席以上の大型店を中心に展開する。キッチンを2つ対称に並べ、注文に対し素早く調理できる独自の運営システムを採用。ランチタイムなど繁忙時に1時間当たり約180人の来店客に対応できる効率的な店舗運営が強み。中華料理の人気上位メニューに絞り込んだ新業態「中華食堂」にも力を入れる。一刻魁堂や中華食堂の投資回収期間は約2年で、一般に5年とされる業界平均より大幅に短縮している。



 一業態につき年間5店舗を出店する計画。売上高成長率で年間16―20%を見込む。出店は中部地区が中心だが、このほど静岡県にも進出した。今後は関東圏への出店を目指す。調達資金は主に設備投資に充てる。「安定配当の維持が基本」(新美司社長)で、当面は年10円配とする方針。


日経マネー&マーケット
http://markets.nikkei.co.jp/ipo/yokogao.cfm?id=k59ci002_18&date=20061218


当サイトのJBイレブン 初値予想は1,400円です。

スポンサーサイト
2006.12.21(22:48)|IPOにチャレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
19日の東京株式市場は、前日の米株式の反落やこのところ一本調子で続いた上昇基調に対する警戒感などから売り圧力が強まり、日経平均株価は大幅反落した。
 平均株価の終値は、前日終値に比べ185円23銭安の1万6776円88銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同19.92ポイント安の1645.40で取引を終えた。
 値上がりが続いていた証券や銀行、不動産株などが利益確定売りで値を下げた。利益水増しで東証から監理ポストに割り当てられた日興コーディアルグループ株はストップ安となった。


iza


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/32109/



日興コーディアルは、IPOを店頭でやっていた頃、
電話対応がめちゃくちゃ感じが良かったので、
すごく好きな証券会社だったのですが。。。

これでは、まじめに働いてる社員さんがかわいそうですね。。


2006.12.19(18:47)|IPOにチャレンジコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
IPOカテゴリー
プロフィール

ゆーせい

Author:ゆーせい
年齢:37歳
職業:自営業


投資スタイル
IPOのみ

2004年からコツコツIPO(新規公開株)を申込み続けています。
ハズれてもお金がかからないので気にしません。
あきらめず申込みしていきたいと思います

ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。